ムダ毛の自己処理の種類とメリット・デメリット

いざ!という時のムダ毛には、困ってしまいます。
早くムダ毛処理をしなければいけないけど、処理後の肌トラブルが心配でどの方法で自己処理をしたらいいのか、迷ってしまったことはありませんか。
簡単にできるムダ毛の自己処理には、それぞれメリット・デメリットがあるので、目的に合った方法っを選びたいものですね。

カミソリでのムダ毛処理は、一番安く、手軽な方法です。たっぷりの泡か乳液などを処理箇所につけてからシェービングします。カミソリの刃の抵抗を少なくすることで、肌へのダメージを軽減します。手軽な反面、カミソリ負けを起こしたり、埋没毛が発生することもありますので、頻繁な処理は避けたほうがいいでしょう。
毛抜きでのムダ毛処理は、肌への負担が一番大きい方法です。抜く方法ですので持ちはいいのですが、色素沈着、埋没毛等が発生しやすく危険な方法です。他の脱毛後に、数本のムダ毛処理としては、いいかもしれません。
脱毛テープや脱毛ワックスは、一気にムダ毛を引き剥がすので痛みがあります。毛根も引き抜くので持ちが良く、毛抜きほどのダメージはありません。繰り返すことで、色素沈着、埋没毛の発生につながるので、注意が必要です。
電気の熱線で焼き切る方法もありますが、肌の上のムダ毛を焼き切る方法なので、肌に優しい脱毛です。根元から処理できるわけではないので、頻繁な処理が必要です。

デリケートゾーンの衛生が心配!アンダーヘアはどうしているの?

Vライン外側のムダ毛処理はほとんどの女性が行っていることですが、Vライン内側の前から見える部分、Iライン、Oラインはどうしているのでしょうか。
水着などを着てはみ出してしまう部分については、自己処理での脱毛もいいのですが、内側のVIOラインと言われる部分についての自己処理は難しいようです。
前から見えるVライン内側については、形の好みもありますし、まったく毛がないとか、あまり奇抜な形だと温泉などで恥ずかしかったりするかもしれません。サロンでの光脱毛で毛量を少なくしたり、自然な形に整えてもらうこともできるので、プロの手に委ねるのがおすすめです。形も、たまご型、たてスクエア、自然な逆三角など、ある程度のデザインはしてもらえますので、相談してみましょう。
IOラインについては、全て脱毛するという方が増えてきています。毛がなくなることで、生理時の不快感も軽減できますし、清潔を保ちやすくなるという大きなメリットがあります。
IOラインの自己処理はしないほうが賢明です。粘膜に近い場所であり、不清潔にもなりやすい場所なので、自己処理した毛穴から雑菌が入り込み繁殖したら大変です。サロンやクリニックでは脱毛前後のケアがありますので、安心です。

About

Categories: 未分類