脱毛クリニックと脱毛サロンの違い

脱毛クリニックではレーザー脱毛が主流になっているのに比べて、サロンでの脱毛は光脱毛・フラッシュ脱毛と呼ばれるものです。
レーザー脱毛は、光脱毛に比べて照射面がかなり小さいので、施術時間が長くなります。そのかわり、光・フラッシュ脱毛に比べて照射レベルが高いため、毛根に対する破壊力は強いといえます。
施術時の痛みに対しては、一般的にはレーザーでの脱毛の方が痛みを強く感じるようです。サロン、クリニックによって機器が違うだけでなく、痛みが少なくなるような改良を重ねています。以前は痛くて我慢できずに脱毛を途中で諦めてしまった方も、パッチテストをしてくれるサロン、クリニックがほとんどなので、試してみましょう。
料金は一般的に、クリニックの方が高めになっています。クリニックの方が通う回数が少なく終了できる場合も多いので、金額だけを見て判断はしないほうがいいかもしれませんよ。
何を求めて脱毛するのか、経済的な脱毛か、リッチな空間での気持ちの良い脱毛か、早く効果の出る脱毛か等、大切にするポイントによって選ぶ脱毛も変わってきます。脱毛は何度も通うわけですから、自分に合った、満足のできるところでケアしてもらいたいですね。

ぶつぶつの埋没毛はどうすれば治るのか

間違ったムダ毛の自己処理で、気がついたときには埋没毛で肌がぶつぶつになっていたりしませんか。
埋没毛は、肌の表面に毛が出てこられず、皮膚の中で毛がとぐろを巻いている状態になっていることです。埋もれ毛とも言います。黒く盛り上がっているので、見た目が良くないばかりでなく、凸凹して手触りも良くありません。そのうち、なにかの刺激で埋没毛部分の肌が裂け、中の毛が出てくることもあります。引っ張り出せば毛はなくなりますが、次も埋没毛になることがほとんどです。
皮膚科などでは、軟膏を処方されて塗るという方法と、レーザー治療とがあります。
塗り薬での治療は、皮膚に塗ることで柔らかくして、少しづつ毛を外に出していくという方法です。数日で毛が外に出るので、確実な方法です。ただ、埋没毛部分が炎症を起こしていたり、膿んでしまっている場合は、この方法は使えません。
レーザーによる治療もポピュラーなのですが、保険が適応されなかったり、クリニックによって料金にばらつきがあるので、不安なら料金の確認をしておきましょう。
カミソリやカッターで皮膚を剥がして、中から毛を引っ張り出したりする人もいますが、NGです。肌が傷むばかりでなく、色素沈着や膿んだりする原因にもなります。毛を引っ張り出したところで、次も埋没毛になるので、きちんと治療しなければいけません。

About

Categories: 未分類