デリケートゾーンの脱毛はどこまですればいいの?

デリケートゾーンの脱毛は、最近ではほとんどのサロンで行われています。
自宅で剃刀やシェーバーを使って、Vライン外側のムダ毛をカットしたり、Vライン内側の正面から見える部分については手付かずのままだったりもしましたが、いまは違います。
気になる下着を心配なく着けられたり、生理時のムレや不快感をなくすために、IOラインを脱毛するという人が増えています。
サロンでのデリケートゾーンの脱毛も、施術時に恥ずかしい思いをさせないために、てきぱきと進めてくれます。サロンによって違いはありますが、照射する部分の着衣をさっとずらして光を照射してくれたりするので、それほど恥ずかしくはないみたいです。
IOラインについては、普段の生活で人目にさらす部位ではないうえに、ムダ毛がない方が生活上便利なので、脱毛してしまって後悔している方は、いないと思います。Vラインの内側については、全て脱毛してしまって後悔しているということもあるみたいです。温泉などでは、まったく毛がないと「あれ?」という目で見られてしまうこともあります。
Vライン内側は、毛量を少なくする、サロンで相談して形を整える、というのがいいみたいです。
一度、全て毛がない状態を体験してみたい方は、ブラジリアンワックスで試してみるのはどうでしょうか?

ブラジリアンワックスのメリット・デメリット

ブラジリアンワックスのメリットは、一気にムダ毛がなくなるということと、古い角質もなくなってしまうのでスベスベの肌になれるということです。
ムダ毛を引き抜くタイプの脱毛なので、カミソリで剃ったりするより持ちはいいし、毛が生えてくるときのチクチク感がありません。後で生えてくる毛は、以前のものより細い毛が生えてきますので、繰り返すことでムダ毛が目立ちにくくなってきます。
ワックスに毛を絡め引き剥がすときに、古い角質が剥がれ落ちますが、これも繰り返すことで滞っていたターンオーバーを助けることにもなります。
デメリットでは、毛を引き抜く際に毛根を分割してしまい、ひとつの毛穴から数本の毛が生えるようになってしまうこともあります。
毛を絡めたワックスを一気に引き剥がす痛みが、苦手という人もいると思います。
よく起こるのが、埋没毛です。皮膚の下で毛がとぐろを巻いてしまい、表面に出られない状態の毛です。見かけは、黒く盛り上がったようになっていて、触ると凸凹した感じがします。この脱毛法を繰り返すことで、埋没毛がどんどん増えていくようならば、対策を考えなければいけませんね。
どのような脱毛法にもメリット・デメリットはあります。それらを踏まえて、必要な脱毛法でケアができれば一番いいですね。

About

Categories: 未分類