VIO脱毛の施術はどんなポーズで受ける?

デリケートゾーンの脱毛を、VIO脱毛といいます。VとはVラインともいい、アンダーヘアと太もも付け根の中間地点をいいます。ビキニラインともいいます。IとはIラインともいい、女性器の横をいいます。OとはOラインともいい、肛門まわりをいいます。
VIO脱毛を受けるのは恥ずかしいと思っている方も多くいるかもしれません。施術はもちろん女性スタッフが行いますし、一般的に施術を裸で受けるということはありません。更衣室で服や下着を脱ぎ、紙製のショーツをはいて行うサロンがほとんどです。上からはガウンやバスタオルを巻き、お風呂上がりのスタイルのようになります。
そのまま施術ルームへ向かい、ベッドに横になります。あとはスタッフの指示に従い、施術を受けるだけです。Vラインは仰向けになって足を少し横にひらいた状態で行う場合はほとんどです。狭い範囲なのですぐに終わります。紙製のショーツを少し横にずらされる場合があります。Iラインも同じく、ショーツをずらして行います。ポーズは横向きに寝ることが多いです。サロンによっては足を立てる場合もあります。Oラインも同じように行います。基本的に寝たままで行うサロンがほとんどで、四つん這いなどの恥ずかしいポーズをすることはまずありません。
サロンによって多少の違いがありますから、気になる方は事前のカウンセリングの段階で、どのようなポーズで施術を受けるのか聞いておくとスムーズに進めることができるでしょう。

About

Categories: 脱毛サロン