Category Archives: 未分類
VIO脱毛の形に悩みがある方でも安心です

下半身のデリケートゾーンのムダ毛は1本1本が太く、自分でムダ毛の処理をするには難しいために多くの方達がサロンで脱毛を受けています。
ハイジニーナ脱毛やVIO脱毛などと呼ばれる下半身の脱毛の施術は、初回はカウンセリングを受けてから行います。
VIO脱毛のカウンセリングでは、形を決める事ができるので下半身のムダ毛が悩みのある方でも専門のスタッフと相談をしながら決める事が出来ます。
近年では多くの方達が脱毛をしたい部分のナンバーワンでもあるVIO脱毛は、アンダーヘアーに悩みを抱えている方達がとても多い事で、自分では満足に処理ができない方でも肌への負担をかける事もなく美肌になりながら痛みのない脱毛を行う事ができるのがメリットです。
VIOの脱毛を行う時には残したい部分や形を決める事ができるため、逆三角形やたまご型やスクエア型や全部なくすなどと、好みのデザインを行う事が出来ます。
自然に見せる事ができる逆三角形が人気がありますが、ハート型などと個性的のデザインなども行う事が出来ます。
どの程度下半身のムダ毛を残して脱毛をするかなどは、カウンセリングの時に決める事ができるのでわからない時には相談をしながら、自分に合った形を見つける事が出来ます。
剛毛で範囲が広いなどのデリケートゾーンのムダ毛の悩みは、VIO脱毛でとても綺麗にケアする事ができるので、毛深い悩みのコンプレックを解消しながら美肌脱毛を行なう事ができます。

Categories: 未分類
痛みが少ないvio脱毛なら

女性らしさを求め、デリケートゾーンを綺麗にしたいという方も多くいるのではないでしょうか。デリケートゾーンを施術すると、衛生的にもメリットがあります。まず毛がなくなることにより、汚れやおりものが付着することがなくなり清潔に過ごすことができます。ムレが少なくなることから、かゆみや肌荒れが減るといったことも考えられるでしょう。デリケートゾーンを施術して「生理期間がすごく快適になった」との意見も多くあります。しかしデリケートゾーンの脱毛には、強い痛みが伴うことがデメリットとされています。デリケートゾーンの施術を、一般にvio脱毛といいます。
痛みが少ないvio脱毛なら、まず病院やクリニックよりエステやサロンを選ぶことです。この2つの大きな違いは、施術に使っている機械が違う点です。病院やクリニックの機械は主にレーザー式、エステやサロンの機械を主に光式といいます。この2つは肌に与えるダメージ量が違い、多ければ多いほど脱毛効果が高く、その分痛みも強いとされています。痛みが少なく、肌への負担も少ないサロンやエステの光脱毛を選択することが良いでしょう。
最近では「痛くない施術」「肌に優しい施術」を売りにしているサロンも多くあります。たとえばディオーネやミュゼなどがそうです。vioを施術したいけど、痛みに心配がある方はこのようなサロンを検討してみるのが良いでしょう。また事前のカウンセリングで実際に施術を体験できるサロンもあります。

Categories: 未分類
セルフの光脱毛ができるサロン「BODHI-LEAF」

サロンやクリニックでの脱毛は恥ずかしいけど、光脱毛がしたいという方には、セルフで光脱毛ができるサロンをオススメします。尼崎市にある「BODHI LEAF」では、HPL方式での脱毛法を採用しているため、肌を傷めることなく脱毛ができるようになっています。痛みもほとんどないため、安心してセルフ脱毛に臨むことができます。

痛みがなく、安全に脱毛ができるように、セルフ脱毛をする前に「脱毛箇所のムダ毛」を剃っておくことなど、他のサロンと同じです。セルフ脱毛は人目を気にしないですむように、くつろいだ空間でケアができるようになっていますので、安心です。

料金は、カートリッジ買い上げの場合には、1個18000円で税抜き価格です。時間無制限で、ランプが切れてしまうまで使い放題なのでお得なコースです。1カートリッジ約750ショットなので、かなり脱毛できそうですよ。時間制の方では、10分が税抜き3000円です。これは施術時間なので、着替えやカウンセリングの時間は含まれていません。

脱毛効果を実感できるのは、2週間に1度のケアを3~4回続けた頃くらいからです。光脱毛未体験だけど、苦手だと思っている方は、試してみませんか。人に見られて嫌な思いをすることもなく、自分のペースで、好きなように脱毛が進められるので、快適だと思います。

脱毛クリニックと脱毛サロンの違い

生える前の毛にアタックする痛くない脱毛「ハイパースキン脱毛」

いままでのレーザー脱毛、光脱毛は、熱によって毛根を破壊してムダ毛を処理するという方法なので、施術時にはどうしてもパチパチっと痛みを感じてしまいます。

このハイパースキン脱毛法は、毛の種とも言える部分に働きかけて、新しい毛が生えにくくなるのです。生えている毛は抜け落ち、その後から新しい毛が生えてこないということなのです。

ハイパースキン脱毛の特徴

・痛くない!

温かい光があたっているだけの感覚のようです。思春期のワキ毛が生えて来る前に処理することもできるので、NGな脱毛法で肌を傷めることもありません。

・肌がキレイになる!

脱毛時の光にはフォトが含まれているため、肌自身のコラーゲンの生成を助け、細胞の働きを活発化させます。細胞の働きが活発になった肌は、ターンオーバーが正常に働き始めることによって、シミやくすみ等を改善していきます。

・短い期間での脱毛が完了!

最短で3週間での施術が可能なので、早く脱毛が完了します。

・熱処理じゃないからデリケート肌にも施術可能!

従来の脱毛法では、腫れたり、お風呂では痛かったりしていた人にも、安心して受けられる脱毛方法です。

このハイパースキン脱毛が行われている「ミレニアムサロン」は、全て個室での施術なので、人目を気にすることなく安心してケアしてもらうことができます。

Categories: 未分類
デリケートゾーンの脱毛はどこまですればいいの?

デリケートゾーンの脱毛は、最近ではほとんどのサロンで行われています。
自宅で剃刀やシェーバーを使って、Vライン外側のムダ毛をカットしたり、Vライン内側の正面から見える部分については手付かずのままだったりもしましたが、いまは違います。
気になる下着を心配なく着けられたり、生理時のムレや不快感をなくすために、IOラインを脱毛するという人が増えています。
サロンでのデリケートゾーンの脱毛も、施術時に恥ずかしい思いをさせないために、てきぱきと進めてくれます。サロンによって違いはありますが、照射する部分の着衣をさっとずらして光を照射してくれたりするので、それほど恥ずかしくはないみたいです。
IOラインについては、普段の生活で人目にさらす部位ではないうえに、ムダ毛がない方が生活上便利なので、脱毛してしまって後悔している方は、いないと思います。Vラインの内側については、全て脱毛してしまって後悔しているということもあるみたいです。温泉などでは、まったく毛がないと「あれ?」という目で見られてしまうこともあります。
Vライン内側は、毛量を少なくする、サロンで相談して形を整える、というのがいいみたいです。
一度、全て毛がない状態を体験してみたい方は、ブラジリアンワックスで試してみるのはどうでしょうか?

ブラジリアンワックスのメリット・デメリット

ブラジリアンワックスのメリットは、一気にムダ毛がなくなるということと、古い角質もなくなってしまうのでスベスベの肌になれるということです。
ムダ毛を引き抜くタイプの脱毛なので、カミソリで剃ったりするより持ちはいいし、毛が生えてくるときのチクチク感がありません。後で生えてくる毛は、以前のものより細い毛が生えてきますので、繰り返すことでムダ毛が目立ちにくくなってきます。
ワックスに毛を絡め引き剥がすときに、古い角質が剥がれ落ちますが、これも繰り返すことで滞っていたターンオーバーを助けることにもなります。
デメリットでは、毛を引き抜く際に毛根を分割してしまい、ひとつの毛穴から数本の毛が生えるようになってしまうこともあります。
毛を絡めたワックスを一気に引き剥がす痛みが、苦手という人もいると思います。
よく起こるのが、埋没毛です。皮膚の下で毛がとぐろを巻いてしまい、表面に出られない状態の毛です。見かけは、黒く盛り上がったようになっていて、触ると凸凹した感じがします。この脱毛法を繰り返すことで、埋没毛がどんどん増えていくようならば、対策を考えなければいけませんね。
どのような脱毛法にもメリット・デメリットはあります。それらを踏まえて、必要な脱毛法でケアができれば一番いいですね。

Categories: 未分類
脱毛クリニックと脱毛サロンの違い

脱毛クリニックではレーザー脱毛が主流になっているのに比べて、サロンでの脱毛は光脱毛・フラッシュ脱毛と呼ばれるものです。
レーザー脱毛は、光脱毛に比べて照射面がかなり小さいので、施術時間が長くなります。そのかわり、光・フラッシュ脱毛に比べて照射レベルが高いため、毛根に対する破壊力は強いといえます。
施術時の痛みに対しては、一般的にはレーザーでの脱毛の方が痛みを強く感じるようです。サロン、クリニックによって機器が違うだけでなく、痛みが少なくなるような改良を重ねています。以前は痛くて我慢できずに脱毛を途中で諦めてしまった方も、パッチテストをしてくれるサロン、クリニックがほとんどなので、試してみましょう。
料金は一般的に、クリニックの方が高めになっています。クリニックの方が通う回数が少なく終了できる場合も多いので、金額だけを見て判断はしないほうがいいかもしれませんよ。
何を求めて脱毛するのか、経済的な脱毛か、リッチな空間での気持ちの良い脱毛か、早く効果の出る脱毛か等、大切にするポイントによって選ぶ脱毛も変わってきます。脱毛は何度も通うわけですから、自分に合った、満足のできるところでケアしてもらいたいですね。

ぶつぶつの埋没毛はどうすれば治るのか

間違ったムダ毛の自己処理で、気がついたときには埋没毛で肌がぶつぶつになっていたりしませんか。
埋没毛は、肌の表面に毛が出てこられず、皮膚の中で毛がとぐろを巻いている状態になっていることです。埋もれ毛とも言います。黒く盛り上がっているので、見た目が良くないばかりでなく、凸凹して手触りも良くありません。そのうち、なにかの刺激で埋没毛部分の肌が裂け、中の毛が出てくることもあります。引っ張り出せば毛はなくなりますが、次も埋没毛になることがほとんどです。
皮膚科などでは、軟膏を処方されて塗るという方法と、レーザー治療とがあります。
塗り薬での治療は、皮膚に塗ることで柔らかくして、少しづつ毛を外に出していくという方法です。数日で毛が外に出るので、確実な方法です。ただ、埋没毛部分が炎症を起こしていたり、膿んでしまっている場合は、この方法は使えません。
レーザーによる治療もポピュラーなのですが、保険が適応されなかったり、クリニックによって料金にばらつきがあるので、不安なら料金の確認をしておきましょう。
カミソリやカッターで皮膚を剥がして、中から毛を引っ張り出したりする人もいますが、NGです。肌が傷むばかりでなく、色素沈着や膿んだりする原因にもなります。毛を引っ張り出したところで、次も埋没毛になるので、きちんと治療しなければいけません。

Categories: 未分類
家庭でもできるフラッシュ脱毛・レーザー脱毛

家庭でのムダ毛の自己処理は、カミソリや毛抜きを使ったもの、脱毛テープやワックスで一気に引き剥がすもの等が一般的でした。簡単で経済的なのですが、肌への負担が大きく肌トラブルが起こってしまうこと、度々処理をしなければいけないことが悩みの種でした。

このところ、本体価格は高価なのですが、家庭用の脱毛機器がじわじわと売り上げを伸ばし、今までの家庭での剃ったり抜いたりする脱毛方法に取って代わっているようです。
フラッシュ脱毛では、ケノンが人気がある機種として有名です。サロンでのフラシュッ脱毛が家庭でできるというのですから、とにかく便利です。サロンに通う手間や時間もいりません。自宅でテレビを見ながら、音楽を聴きながら、いつでもフラッシュ脱毛ができるというのは、忙しい人にはうってつけです。
カートリッジ方式で、16万発、照射することができます。1回の照射で0.048円という安さなので、全身脱毛してしまいたくなりますよ。本体価格は73,800円です。照射面積も3.5×2.0センチとワイドなので、脱毛もしやすいです。

家庭用レーザー方式の脱毛機器では、トリアの人気が高いです。レーダーは照射面積が1センチ角と狭いので、すべてのムダ毛をケアしようとすると根気がいります。ピンポイントを決めての脱毛には最適です。フラッシュ式に比べると、痛みは強めのようです。本体価格は49,800円です。

急いでムダ毛処理したい時の脱毛法

急いで脱毛しなければいけない時って、女性なら必ずありますよね。
年末年始やお盆にカレと急に旅行が決まった!というのは嬉しいことですが、普段からムダ毛処理をしていなかったりすると、大慌てですね。
カミソリやシェーバーでのムダ毛処理は、ほんの数日の持ちしかありません。
旅行等の場合には、サロンでワックス脱毛がおすすめです。余分な角質も落ちるのでツルスベ肌が2週間ほど楽しめますよ。ムダ毛をカットするわけではなく、抜くタイプの処理方法なので、次に生えてくる毛は毛先の細い自然な毛が生えてきます。毛先がチクチクすることもないので、安心です。
この日だけ、という日のためのムダ毛処理なら、カミソリやシェーバーでの脱毛もOKです。カミソリでの脱毛は肌への負担が大きいので、海水浴前日などの場合には、紫外線の影響を受けやすくなってしまう恐れがあります。デリケート肌の方は、特に注意しましょう。
いざという時になって慌てて脱毛すると、失敗したり、肌を傷めてしまう原因を作ってしまいます。気になる箇所のムダ毛はサロンやクリニックでの処理が理想ですが、家庭でも光脱毛ができる機器もありますので、日頃からムダ毛のお手入れをしておくことをオススメします。

Categories: 未分類
ムダ毛の自己処理の種類とメリット・デメリット

いざ!という時のムダ毛には、困ってしまいます。
早くムダ毛処理をしなければいけないけど、処理後の肌トラブルが心配でどの方法で自己処理をしたらいいのか、迷ってしまったことはありませんか。
簡単にできるムダ毛の自己処理には、それぞれメリット・デメリットがあるので、目的に合った方法っを選びたいものですね。

カミソリでのムダ毛処理は、一番安く、手軽な方法です。たっぷりの泡か乳液などを処理箇所につけてからシェービングします。カミソリの刃の抵抗を少なくすることで、肌へのダメージを軽減します。手軽な反面、カミソリ負けを起こしたり、埋没毛が発生することもありますので、頻繁な処理は避けたほうがいいでしょう。
毛抜きでのムダ毛処理は、肌への負担が一番大きい方法です。抜く方法ですので持ちはいいのですが、色素沈着、埋没毛等が発生しやすく危険な方法です。他の脱毛後に、数本のムダ毛処理としては、いいかもしれません。
脱毛テープや脱毛ワックスは、一気にムダ毛を引き剥がすので痛みがあります。毛根も引き抜くので持ちが良く、毛抜きほどのダメージはありません。繰り返すことで、色素沈着、埋没毛の発生につながるので、注意が必要です。
電気の熱線で焼き切る方法もありますが、肌の上のムダ毛を焼き切る方法なので、肌に優しい脱毛です。根元から処理できるわけではないので、頻繁な処理が必要です。

デリケートゾーンの衛生が心配!アンダーヘアはどうしているの?

Vライン外側のムダ毛処理はほとんどの女性が行っていることですが、Vライン内側の前から見える部分、Iライン、Oラインはどうしているのでしょうか。
水着などを着てはみ出してしまう部分については、自己処理での脱毛もいいのですが、内側のVIOラインと言われる部分についての自己処理は難しいようです。
前から見えるVライン内側については、形の好みもありますし、まったく毛がないとか、あまり奇抜な形だと温泉などで恥ずかしかったりするかもしれません。サロンでの光脱毛で毛量を少なくしたり、自然な形に整えてもらうこともできるので、プロの手に委ねるのがおすすめです。形も、たまご型、たてスクエア、自然な逆三角など、ある程度のデザインはしてもらえますので、相談してみましょう。
IOラインについては、全て脱毛するという方が増えてきています。毛がなくなることで、生理時の不快感も軽減できますし、清潔を保ちやすくなるという大きなメリットがあります。
IOラインの自己処理はしないほうが賢明です。粘膜に近い場所であり、不清潔にもなりやすい場所なので、自己処理した毛穴から雑菌が入り込み繁殖したら大変です。サロンやクリニックでは脱毛前後のケアがありますので、安心です。

Categories: 未分類